変形性膝関節症とは?

膝痛で歩けない状態になっている場合、変形性膝関節症の可能性もあります。では、変形性膝関節症とはどのようなものなのでしょうか?

こちらでは、十和田市のすずむし整骨院が、変形性膝関節症の概要と進行度別での症状について解説いたします。

代表的な膝痛「変形性膝関節症」とは?

変形性膝関節症を表すイラスト

変形性膝関節症とは、膝部分にある軟骨が擦り減ったことで、痛みが生じている状態を指します。

軟骨は関節の“クッション”とも呼べる働きをしている部位であり、筋肉量の減少や加齢によって徐々にすり減ります。

軟骨がすり減りすぎると、膝関節同士の隙間が狭まり、その影響で骨の形が変わってしまったり、トゲのようなものが骨のへりにできたりします。

あまりにも症状が進行すると、強烈な膝痛によって歩けない状態となる方もいるので注意しましょう。

また、変形性膝関節症になると、関節のところにある関節包の内部に炎症が生じ、水が膝のあたりにたまったような状態となるケースもあります。

初期の頃であれば、正座をしない、立ち仕事の時間を減らすなど、膝の負担を減らすことで痛みの緩和が期待できます。

変形性膝関節症の進行度別での症状

ベッドで膝の痛みに耐える女性

変形性膝関節症は、時間とともに徐々に悪化していき、症状が重くなっていく病気です。

以下では、変形性膝関節症の進行度別で、どのような症状があらわれるのかを解説いたします。

初期

朝、目が覚めた時に膝あたりにこわばりを感じる方が多いです。どことなく膝が動かしにくい、鈍い膝痛を感じるなどの自覚症状が出始めるのはこの頃です。

はっきりとした痛みや不調を感じにくいので、変形性膝関節症だと気づかない方もいます。

中期

中期になると、軟骨のすり減りが進行しており、階段を下りた時に膝痛を感じたり、膝に水がたまったりといった症状があらわれます。

炎症も起こり始めるため、膝が腫れることもあります。

初期の頃と違って、膝を休めても膝痛がなかなか良くならないのが中期の特徴です。

末期

末期に差し掛かると、関節の軟骨はあまりありません。関節同士が直にぶつかりあうようになり、人によっては歩けない状態となります。

関節の変形も起こり、行動範囲がこれまで以上に狭まります。

変形性膝関節症は、これらの段階を経ていくものです。なるべく早い段階で医師に相談して、治療に専念することをおすすめいたします。

また、病院に通いつつ、整骨院を利用することも可能です。

十和田市のすずむし整骨院では、膝痛の緩和に役立つ施術をご提案しています。膝痛をどうにかしたいという方は、お気軽にご相談ください。

十和田市で膝痛を緩和して歩けない状態を改善したいなら

十和田市で膝痛にお困りの方は、すずむし整骨院にご相談ください。

膝痛があまりにもひどいと、歩けない状態になる場合もあります。痛みを放置していても良くはなりませんので、一度すずむし整骨院の施術をお試しください。

青森県十和田市ひがしの二丁目13-38が、すずむし整骨院の所在地です。

ひがし野団地バス停からでしたら、徒歩で通える距離にあります。駐車場(5台)もありますので、徒歩で通うのが難しい場合はお車でのご利用をおすすめいたします。

十和田市で膝痛によって歩けない状態に苦しんでいるなら

店舗名すずむし整骨院
代表鈴木 純也
住所〒034-0004 青森県十和田市ひがしの2丁目13−38
TEL0176-23-4085
施術内容各種保険、肩こり、腰痛、ぎっくり腰、むち打ち、交通事故対応、眼精疲労、接骨・整骨
アクセス

ひがし野団地バス停から110m

青森県道10号三沢十和田線の(東小学校・十和田工業)信号機と(レストランペリカン様付近)信号機の中間にある信号機にて看板を確認できます。

URLhttps://suzumusi.com/
PAGE TOP