膝痛を強めてしまう動作

膝痛を少しでも緩和するためには、膝になるべく負担をかけない動作を心がける必要があります。

しかし、もしかしたらご自身では気づかないうちに、膝に負担をかける動作をしているかもしれないので注意しましょう。

こちらでは、十和田市で膝のケアも行うすずむし整骨院が、膝に負担がかかりやすい動作と膝の痛みを軽減する正しい姿勢について解説いたします。

膝に負担がかかりやすい動作

膝痛を強めてしまう動作は、主に以下のようなものが挙げられます。

内股歩き

内股は、膝への負担を強いる動作の1つです。また、内股でいると、本来機能するべき筋肉があまり働かず、緩くなってしまいます。

その影響で、猫背になる可能性もあるので注意しましょう。

正座

日常生活の中で、正座をする機会もあるでしょう。しかし、正座は膝関節の適切な屈曲角度を上回る姿勢です。

長時間正座をすると、膝にかなりの負担を強いることになるので、適度に膝を休ませてあげましょう。

しゃがむ

しゃがむ動作は、正座と同様に膝関節の適切な屈曲角度を上回る姿勢です。畑仕事や荷物運びなど、仕事の都合上どうしてもしゃがむ動作を多くしがちな方もいらっしゃるでしょう。

特に重たい荷物を持ちながらしゃがむと、膝に強い負担がかかるので、膝のケアは念入りに行ったほうが良いです。

膝の痛みを軽減する正しい姿勢

膝痛を少しでも軽減するためには、正しい姿勢を意識する必要があります。正しい姿勢とは、背中がS字を描いている姿勢のことを指します。

以下では、理想的な立ち姿勢・座る姿勢のポイントをご紹介いたします。

正しい姿勢で立つ女性のイラスト

理想的な立ち姿勢のコツ

  • 前をまっすぐ見つつ、顎を少しだけ引く。
  • 肩は脱力させる。
  • 背筋を伸ばす。
  • 胸を軽めに反らす。
  • 腹部に力を入れる。
  • 膝を伸ばす。
  • 重心は足の親指の付け根部分にくるように調整する。
正しい姿勢で座る女性のイラスト

理想的な座り姿勢のコツ

  • 腹部に軽めに力を入れる。
  • 背筋を伸ばす。
  • 背骨と頭部までのラインがまっすぐに揃うように調整する。
  • 足を地面に接触させる。
  • 膝が直角に曲がった状態になるように椅子を調整する。

十和田市で膝痛をケアしたい方はすずむし整骨院へ

すずむし整骨院院長の施術

十和田市で膝痛をケアしたいとお考えでしたら、すずむし整骨院にいらしてください。院長の地元である十和田市ひがしのに、2020年4月11日に開業した整骨院です。

膝痛をはじめ、身体の痛みや不調に悩む十和田市の方々の力になりたい一心で、日々業務を行っております。

痛みを緩和する施術を行うだけでなく、健康の維持に役立つ運動の方法もお伝えいたしますので、ぜひともセルフケアの一環としてお試しいただければ幸いです。

十和田市で膝痛のケアができる整骨院に通うなら

店舗名すずむし整骨院
代表鈴木 純也
住所〒034-0004 青森県十和田市ひがしの2丁目13−38
TEL0176-23-4085
施術内容各種保険、肩こり、腰痛、ぎっくり腰、むち打ち、交通事故対応、眼精疲労、接骨・整骨
アクセス

ひがし野団地バス停から110m

青森県道10号三沢十和田線の(東小学校・十和田工業)信号機と(レストランペリカン様付近)信号機の中間にある信号機にて看板を確認できます。

URLhttps://suzumusi.com/

PAGE TOP