関節の痛み対策

関節は身体中にあり、柔軟で繊細な動きに欠かせません。しかし、年齢とともに動かしづらくなっていくこともあります。

この記事では、首、腰、足など、身体のどこがどのように動かしづらくなっていくのか?について紹介します。

紹介している部位や、それ以外の部位でも関節の痛みでお悩みでしたら、十和田市ひがしののすずむし整骨院へご相談ください。

関節痛を起こしやすい部位

首を押さえる男性

首筋

首は頭の重みを支える最も重要な部位です。

頭は成人で4~5kgあるため、首には常に負荷がかかっている状態です。頸椎のクッションとなる軟骨がすり減ったり、頸椎そのものの変形による痛みが考えられます。

腰の動きに関わる関節にも様々なものがあります。例えば、背骨と直接つながる仙骨と臓器の周囲を取り囲む腸骨をつなぐ関節です。

骨盤は上半身と下半身をつなぐ特に大事な部分で、仙骨と腸骨をつなぐ関節も靭帯で強くつながっています。

女性であれば出産で骨盤が緩みやすくなるタイミング、男性でも中腰姿勢での作業などによって関節が痛みやすくなります。

指の関節の痛み

手の指に起こる関節の痛みとしてポピュラーなものが、関節リウマチによる関節炎です。

手や足の指の関節に起こる痛みというイメージがありますが、全身の関節で起こりうるものです。熱っぽくなる、動かすと痛い、などの特徴があります。

股関節の痛み

骨盤と足の骨をつなぐ関節が脆弱である、関節が変形している、軟骨がすり減って薄くなる、軟骨の柔軟性が失われる…といったことが原因で痛みが発生します。

立ち上がる、歩き出すといった動作に伴い、脚の付け根に痛みを感じるようになります。

ひざの痛み

関節の痛みの中でも特によく言われるのが膝の関節の痛みです。特に関節の使い過ぎ、加齢によるすり減りが原因で、骨同士がぶつかり合うことで痛みが発生します。

関節の気になるウワサ

考える女性

日本人の関節は足りない?

足の指の関節は基本的に3つありますが、実は、日本人には関節が一つ足りない人が多いと言われています。

日本人の足の形は親指が最も長く徐々に短くなっていくエジプト型が主流です。そのため、小指が最も短く、関節も他の指より足りない人は珍しくありません。

エジプト型の足は特に外反母趾のリスクが高く、運動習慣が無くなる原因となる可能性もありますので、自分の足にあった靴を履くようにしましょう。

関節が鳴るのは良くない?

しばらく同じ姿勢を維持した後に身体を動かすと、首や手の指の関節が「ポキポキ」と鳴ることがあります。

関節は滑液という粘性の高い液体に包まれていますが、しばらく動かさないでいると気泡が溶け込みます。

ポキポキという音はこの気泡が外に出ていく音で、それ自体が身体に悪影響を及ぼすことは今のところ考えにくいです。

しかし、ポキポキ鳴る音がするには、ある程度勢いをつけて動かさないといけないため、勢いが強すぎて関節や腱にダメージを与えてしまうことはあります。

十和田市ひがしのから通いやすい数少ない整骨院

十和田市ひがしの、東地区で関節、特に足、膝の関節の痛みにお悩みでしたら、すずむし整骨院へお越しください。

私たちの身体は筋肉・骨・神経など様々な部位がありますが、その中でも関節は柔軟で繊細な動きをするために不可欠です。

すずむし整骨院には、特に加齢によって痛みやすくなっていく関節の痛みにお悩みの方も多くいらっしゃいます。

十和田市ひがしの、東地区は、実は整骨院が少ないエリアです。

例えば、整骨院へお越しいただく際、事前にGoogleなどで施術内容や評判を確認される方もいらっしゃるのではないでしょうか?

Googleで「十和田市ひがしの 整骨院」と検索してみると、十和田市内の整骨院は37件ヒットします。その中でも十和田市ひがしのにある整骨院は、すずむし整骨院のみです。

十和田市ひがしの、東地区近隣で膝の関節の痛みにお悩みの方は、すずむし整骨院へお越しください。

十和田市ひがしので関節ケア 足の関節の痛みもすずむし整骨院へ

店舗名すずむし整骨院
代表鈴木 純也
住所〒034-0004 青森県十和田市ひがしの2丁目13−38
TEL0176-23-4085
施術内容各種保険、肩こり、腰痛、ぎっくり腰、むち打ち、交通事故対応、眼精疲労、接骨・整骨
アクセス

ひがし野団地バス停から110m

青森県道10号三沢十和田線の(東小学校・十和田工業)信号機と(レストランペリカン様付近)信号機の中間にある信号機にて看板を確認できます。

URLhttps://suzumusi.com/
PAGE TOP